アメリカ企業に入ってみた~でもそこはコスタリカだった!~

海外生活は本当にバラ色なのか!?真実を追究するという面目で日々堕落中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本当の恐怖 ~俺はジャイアン~

今日の日記は昨日の日記の続きです。先日の日記を読んでから読んでくださ~い。

    連続日記シリーズ第2話     <本当の恐怖>

(ナレーション)こうして農民の一世一代の一揆、コスタリカ3.14事件は見事成功したかのように見えた。人々は安堵の表情を浮かべ戦利品に歓喜した。しかしつかの間の平和はこれから始まる本当の恐怖の始まりでしかなかったのである。暴走した彼はもう手がつけられない・・・

ジャイアン>『ほらよ、感謝して食え!おいハゲ(ヤクザ君の別称)、お前ちょっと飲めよ。』

実はヤクザ君はその風貌とは裏腹、全くお酒を飲めないのです。頑なに拒むヤクザ君でしたがジャイアンの命令は絶対なので一口だけ飲んでリタイア。ブッチートとジャイアンは2本ずつ。(実はジャイアン本人も滅茶苦茶酒が弱い)

その後色々な話で盛り上がり、暫くしたところで(戦利品も掴んだ事だしジャイアンを喜ばせてやるかと)メインテーマを持ち出す私。

ブッチート>『ちょっと面白いゲームがあるんですけど』

ジャイアン>『いや、だからゲームは嫌いだ、って言ってるじゃん。いいよもう。』

ブッチート心の声>『何をいってやがる、2年前のあの日を思い出しやがれ!(先日の日記参照)』


そしてゲームを本体に入れました。それが全ての誤りでした。そのゲームは機動戦士ガンダム。店を経営していたときの売れ残りで、私自身ガンダムを知らないのですが、ガンダムおたくの彼は絶対に食いつくと確信して今日まで黙っていたのです。反応は予想以上でした。ジャイアン自身はオタクを馬鹿にしていますが、傍から見る彼のガンダムを語る姿はオタクそのものです。コントローラーを独占し、

『あれを持って来い』

(自分ができない場面があると)ここだけやらしてやってもいいよ

など暴言を連発。しかしここまでは前回と同じで想定範囲。ここからが2008年度版のジャイアン真骨頂だったのです。スープが飲みたくなったので台所へいくジャイアン。移動中、さらりと意味の解らない発言をしたのでした

ジャイアン>『俺ジャイアンやるから、ブッチートはスネオね。

ブッチート>『???』

ま、ままままままま まさか!!!!!!!!!!!!!!!!!?

ジャイアン>『別に借りてやってもいいよ。本体ごと。

あ、あれだ。伝説の『お前のものは俺のもの。俺のものは俺のもの!』だ!!!!!
まさか原作ドラえもんと全く同じセリフとは何とも工夫のない・・・。本当に気に入ってしまったらしい。⇒苦笑いするブッチートとヤクザ君。

話題を逸らしなんとか強奪は免れ一安心。ジャイアンは一人ゲームに戻る。よほど気に入ったらしく、ぶつぶつアニメと同じセリフを言ったり、ところどころガンダム知識を

教えてあげてもいいよ。

と我々に問いかける。興味のないヤクザ君、ブッチート『いや別にいいっす。』と即答。でもジャイアンはお構い無しに一人で話す。そして黙々とジャイアン一人が楽しむ時間だけが流れ終に朝5時に突入。前日、朝4時に起床していたブッチートはこの時点で不眠24時間を突破しており無念のリタイア。ヤクザ君もギブっぽいが後はまかせた!

そしてジャイアンは一人、ほぼぶっ続けで7時間ゲームを続けたのでした。

その2時間後・・・・・・・・・・・・・・

辛うじて睡眠を取りリビングに行くとまだジャイアンがゲームをしていました。93面までいったそうです・・・(苦笑)。やはり彼は相当このゲームを気に入ってしまい、クリアするまで返したくないらしく、今度はこんな発言をしてきたのです。

ジャイアン>『じゃあさ~、今もってる日本のDVDを好きなだけ貸してやるから暫く交換でいいよ

このシーンだけ書くとジャイアンも譲歩をし、少しだけ遠慮をしているように見えます。しかし・・・甘い!
実は我が家に来る前にこんなやり取りがあったのです。

ジャイアン>『じゃあ特別今日はDVDもって行くから好きなのかしてやるよ!!』

と言っていたのです。つまりもともと無条件で貸す予定だったものを交換、と都合のいいようにスリ替えたのです。なぜこんな細かいことを言うんだ、人間小さいなぁ、とお思いでしょう。それにはこんな理由があるのです。
ジャイアンは日本のお隣さんである某○国のことが大嫌いで、いつも悪口を言っております。先日のギョーザ事件を聞いたときはこんなことを言っていました。『あいつら絶対事実をスリかえるぜ。いつもそうだよ。』と。


読者の皆さんにも念の為に聞きますが・・・
これって同じですよね!!!???

しかし彼が一度言ったことは決して覆らないのでここで無条件降伏。プレイステーション2に別れを告げたのでした。

そしてここからは舞台をジャイアンの家に移し、何の感動も無いクライマックスへ。



次回、 ジャイアンの自業自得と繰り返される悲劇 へ続く
本日もこんな長すぎる日記を最後まで読んでいただき有難うございます。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/17(月) 11:08:22|
  2. ジャイアン伝説(日記番外編)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://samuraiazul.blog68.fc2.com/tb.php/6-fe1a0c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。